白湯が進化!!さらに効果が高まる「スパイス白湯」

スポンサーリンク

白湯」に更に効果のあるスパイスをプラスするだけの「スパイス白湯」。
手軽に行えてダイエット・美肌効果・便秘解消・冷え改善にとても効果的!!
その日の体調や好みによってスパイスを変えたり簡単に自分でアレンジできちゃいます。

あなたも自分に合った「スパイス白湯」を作ってみませんか?

スパイス白湯の基本レシピ

基本となるのはクミンとコリアンダーです。

  • クミン3振り(約さじ1/4)
  • コリアンダー3振り(約小さじ1/4)
  • お湯100~150ml

耐熱カップにクミンとコリアンダーを3振りずつ入れ、お湯を注ぎます。
かき混ぜながらゆっくり飲みます。
塩を一つまみ入れても美味しいです。

基本レシピに他のスパイスをプラスすると・・・

  • 冷え性に→ +ジンジャー(3~4振り)
  • カゼのひき始めに→ +ブラックペッパー(2振り)+ジンジャー(2振り)
  • 腸のトラブル→ +ブラックペッパー(2振り)+塩(1つまみ)
  • 二日酔い対策→ +七味トウガラシ(2振り)
  • 月経トラブル→ +フェンネル入りガラムマサラ(3振り)
  • 最強スパイス→ +ジンジャー(2振り)+ガラムマサラ(1振り)

スパイスの効能

デトックス&アンチエイジング【コリアンダー】

コリアンダーはセリ科のコエンドロ属に属する一年草でハーブ系野菜の一種でトムヤムクンにも使われる「パクチー」の事。シャンサイとも呼ばれ、葉や茎に独特の芳香があり、薬味や葉野菜として使われています。

日本では、乾燥させ香辛料となっているものを「コリアンダー」、生の葉やタイ料理などエスニック系の食材として使う時には「パクチー」と呼んでいます。美肌、デトックス、アンチエイジング、消化促進、駆風、抗菌、鎮静などの作用があります。

  • 美肌
    • 美肌を作るのに必要なビタミンCやビタミンE、カルシウム、鉄などの栄養素を豊富に含んでいます。
  • デトックス効果
    • デトックス効果があり、体内に溜まった重金属の排出にも役立つといわれています。
      駆風作用により、腸内に溜まったガスの排出も促します。
  • アンチエイジング効果
    • 活性酸素の増殖を抑える効果があり、シミ・しわ・動脈硬化・糖尿病・癌の予防になります。

注意
食べ過ぎると腹痛・下痢、頭痛、気分が悪くなる、吐き気などの副作用を起こすことがあるので注意しましょう。
妊娠中・授乳中の人は使用を避けてください。

リラックス効果、免疫力を高める【クミン】

セリ科クミン属の一年草植物で和名はウマゼリ(馬芹)。ビタミンやミネラルなどの栄養を豊富に含む乾燥させた種子(クミンシード)を香辛料として用います。強い香り、苦み、辛味があり、カレーの香りと辛味付けに使われます。
主な成分としてクミンアルデヒドやリモネンを多く含んでいます。
食欲増進、リラックス効果・免疫力を高める、疲労回復、利尿作用、高血圧の予防、動脈硬化の予防、抗酸化作用などの効果があります。

  • 食欲増進
    • クミンアルデヒドは香り成分で、この香りが消化器官を刺激し食欲を増進させる働きがあります。
  • リラックス効果・免疫力
    • リモネンという成分は爽やかな香りで、アルファー波を発生させる働きがあります。
      その働きでストレスの解消や心身をリラックスさせ、免疫力も高め癌の予防にもなります。

注意
妊娠中および授乳中の方は、摂取を避けた方が良いでしょう。
セリ科の植物にアレルギーがある方やクミンに含まれる成分にアレルギーがある人も摂取は避けましょう。

効果もミックスな【ガラムマサラ】


ガラムマサラは、3~10種類ほどのスパイスをブレンドしたミックススパイスです。そのため、複数のスパイスの相乗効果を得られます。
シナモン、ナツメグ、クローブをベースに、主にコリアンダー(パクチー)、クミン、ローリエ、カルダモン、ブラックペッパーが加わります。
血行促進、抗酸化作用、アンチエイジング効果、不眠の改善効果、抗菌、鎮静作用、冷え性の改善効果、発汗作用、食欲を増進、夏バテによる食欲減退、消化促進などの作用があります。

  • 血行促進
    • ガラムマサラに含まれるシナモンには、毛細血管を拡張する効果があり、血のめぐりを良好にする効能があります。
      また、カラダを温めるナツメグも含まれるため冷え性の改善効果発汗作用があります。
  • 抗酸化作用・アンチエイジング効果
    • ガラムマサラに含まれるスパイスの多くは抗酸化作用があり、活性酸素の抑制に効果があることからアンチエイジング効果に繋がります。
  • 消化促進
    • ガラムマサラに含まれるナツメグは、消化を促進する「ピネン」という成分を含み、胃腸薬に使用される成分で胃もたれなどの予防になります。

注意
副作用はありませんが刺激がありますので妊娠中や授乳期間の方は摂取を避けましょう

血行促進、便秘解消【ブラックペッパー】

コショウ科コショウ属の常緑つる性植物の果実を原料とする香辛料で、ビタミンやミネラルなどの栄養をバランス良く含みます。
ブラックペッパーには抗酸化成分であるピペリン、ポリフェノール類のオイゲノール、ケンペロール、ミリセチンなどが含まれており、抗炎症作用、消化促進効果、アンチエイジング、免疫力の改善、健胃作用、抗腫瘍形成、がん予防、心筋梗塞予防、心血管疾患予防、動脈硬化予防、高血圧予防、殺菌作用などの効果があります。

  • 強力な抗酸化作用
    • ピぺリンという辛味成とβ-カロテンは、抗菌・防腐・防虫作用があり、活性酸素の発生や酸化力を抑え、ダメージを受けた細胞を修復し、免疫力を高め、動脈硬化やがんの発生を防ぐ働きがあります。
  • 発汗・発散作用
    • リモネンという成分は爽やかな香りでアルファー波を発生させる働きがあり、その働きでストレスの解消や心身をリラックスさせ、免疫力も高め癌の予防にもなります。

注意
刺激が強い食べ物なので、取り過ぎると胃の粘膜を傷つけてしまうことがあります。
食べ過ぎると次第に刺激が足りなくなり、どんどん使う量を増やしていってしまうなど味覚が麻痺してしまうこともありますので気を付けましょう。

生理痛や生理不順など女性特有のトラブルに【フェンネル】

 別名ウイキョウとも呼ばれ、肌のトラブル予防、視力回復、女性特有のトラブルの緩和、消化促進、下痢や腹痛、消臭、解毒作用などの効果があります。
利尿・発汗作用があり、ダイエットに効果のあるハーブとして使用されてきました。

注意
妊娠中、授乳中、婦人科系疾患、乳幼児や子供、てんかんの方、セリ科の植物にアレルギーがある方は摂取は避けましょう。

二日酔い対策【七味トウガラシ】

七味唐辛子は、様々な種類の薬味が混ざってできており、主に原料は以下の9つで七味唐辛子の種類によってブレンドが多少異なります。
赤唐辛子、けしの実、陳皮(チンピ)、胡麻、山椒(さんしょう)、麻の実、紫蘇(しそ)、海苔、生姜
食欲増進、老化防止、胃腸の調子を整える、咳止め効果などの効果があります。

こちらもおすすめ!

自然が創り出した神秘の天然サプリメント【はちみつ】

ビタミンB1、B2、葉酸、カルシウム、ミネラル、アミノ酸、酵素など沢山の栄養を含みます。

二日酔いの防止や解消、高血圧予防、殺菌消毒作用、のどの痛み、せき、口内炎、口唇の荒れ、口角炎に効果があります。

カップに入れた白湯にスプーン1杯(お好みで)入れて飲みます。

代謝を上げて消化促進効果【ターメリック】

ターメリックは日本ではウコンとして親しまれているスパイスで、よく知られている効果は、アルコールを飲む前に摂取することで二日酔いが予防できるというもの。
そんなターメリックは摂取の仕方次第でドラッグストアで売っているような市販の薬よりも効果が期待できるというとても便利なスパイス!
ウコンには豊富な食物繊維が含まれており、スパイスが適度に腸内を刺激し、溜まっていた毒素を一緒に体外に出す手伝いをしてくれます。
癌の予防、抗酸化作用、胃もたれ予防、胸焼け予防、便秘改善などの効果があります。
注意:ウコンは摂取量の目安である一日2~3gを超えないように、大量摂取は控えてください。

ターメリック(ウコン)3振りを白湯に入れて飲みます。

身体を温め血行を良くする【ショウガ(ジンジャー)】

ショウガオールという体を温めてくれる成分とジンゲロールという免疫力を高める成分を含んでいます。
免疫力向上、発汗促進、冷え症改善、デトックス、うつ病予防、抗酸化作用、アンチエイジング、鎮痛作用、抗炎症作用、心臓強化、抗菌、抗寄生虫、抗ウイルス作用など沢山の効果があります。
ショウガのスパイスもありますが、生のショウガを使ったほうが効果が得られます。

ショウガを良く洗い、千切りか、擦り下ろします。
ショウガをカップに入れ、白湯を注ぎます。
飲みづらい時は、はちみつ、黒砂糖、メープルシロップなどをお好みで入れます。

味噌は医者いらず!【味噌】

味噌は栄養学や医学の面からさまざまな研究が進められ、成果も次々と発表されています。
そんな味噌に含まれる酵母や乳酸菌は加熱(50℃以上)することで失われてしまいます。

というわけで、50℃に冷ました白湯に味噌を入れて飲むことで、味噌の大事な栄養分を全て摂取することができます。
がん予防、抗酸化作用、消化促進、美白効果、血行促進、老化防止などの効果があります。

白湯をカップに入れ50℃に冷ましたら味噌をスプーン1杯入れ、溶かして飲みます。

スパイスの入手方法は?

スパイスはスーパーや100均でも手に入りやすいですが、スパイス専門店、インド食材店、ハラルフード食材店などで購入した方が種類もあり、量も多く割安です。

ネットショップもかわいい瓶に入っていたり、スパイスラックなどと合わせてキッチンのインテリアとして良いのも沢山あるので調べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

白湯が苦手という方も、このようにスパイスでアレンジすると飲みやすくなると思います。
自分に合うスパイスを探し、体調によってスパイスを変えることで良い効果が得られるのではないでしょうか。

スポンサーリンク